長谷川等伯のブログ記事一覧

長谷川等伯のブログ記事一覧

長谷川等伯(1539-1610)は桃山時代から江戸時代にかけて活躍した絵師です。
長谷川派の始祖であり、また同時期に画壇を独占していた狩野派を脅かし、特に永徳とはライバル関係にあったといわれています。

国宝は、《松林図屏風》、《楓図壁貼付》を含む『旧祥雲寺障壁画』があります。

スポンサーリンク
ぶらぶら美術・博物館

【永徳と等伯】桃山ー天下人の100年②【ぶら美】

2020年11月3日にBS日テレにて放送された「ぶらぶら美術・博物館」の【#360 東京国立博物館「工藝2020」「桃山 天下人の100年」〜伝統と革新!世界に誇るニッポンの工芸と、狩野永徳、長谷川等伯…桃山時代のお宝美術が大集合!〜】の回...
ぶらぶら美術・博物館

【ぶら美】死ぬまでに見たい日本絵画10選!②【美術番組まとめ】

2020年7月7日にBS日テレにて放送された「ぶらぶら美術・博物館」の【#351 ぶらぶらプロデュース!夢の特別展③~死ぬまでに見たい日本絵画10選!山下裕二x仏画の最高峰から琳派、若冲、隠し玉まで~】の回をまとめました。 今回の記事...
日曜美術館

【日曜美術館】日本絵画傑作15選パート5【美術番組まとめ】

2020年6月14日にNHKで放送された「日曜美術館」の【蔵出し!日本絵画傑作15選 二の巻】の回をまとめました。 今回の記事はパート5になります。 前回のパート4はこちら☚からご覧いただけます。 番組内容に沿って、+α(美術検定...
ぶらぶら美術・博物館

【ぶらぶら美術・博物館】⑥永観堂【永久保存版!冬の京都旅】

続いてご紹介するのは、京都市の左京区にある永観堂(えいかんどう)です。 秋には紅葉が綺麗なことで有名で、別名「もみじの永観堂」とも呼ばれます。 永観堂には貴重な美術品もありますのでそちらを取り上げていきたいと思います。 ちなみ...
2020年

【美術展レポート】新年一発目!博物館に初もうで@東京国立博物館

「masaya's ART PRESS(マサヤ・アート・プレス)」へようこそ。 当ブログの記事を書いているmasayaと申します。 以前は「masayaのブログ美術館」というブログで記事を書いていましたが、2020年から心機一転...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました