エル・グレコのブログ記事一覧

エル・グレコ(本名ドメニコス・テオトコプロス、1541-1614)は16世紀から17世紀に活躍したギリシア人画家です。
誇張された人体や奇抜な構図の宗教画を多く残しました。

生まれはギリシアの南方、地中海に浮かぶクレタ島。
画家としての出発点はイコン(聖像)画家でした。
20代半ばでヴェネツィアに渡り、10年ほど活動した後、30代半ばでスペインへ、そのまま同国で後半生を過ごしました。

渾名のエル・グレコとは、スペイン語の男性定冠詞Elと、イタリア語のGrecoの合成語で”ギリシア人”の意味。

スポンサーリンク
ぶらぶら美術・博物館

【ぶらぶら美術・博物館】ブダペスト展②【イタリア絵画・スペイン絵画】

2020年1月7日にBS日テレにて放送された「ぶらぶら美術・博物館」の【#334 ブダペスト展】の回をまとめました。 パート2ではイタリア絵画、そしてスペイン絵画についてご紹介します。 番組内容に沿って、+α(美術検定で得た知識など...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました